« ついに終了か?「ザウルス SL-C3200/1000」 | トップページ | MacBook AirはMacOSだけではありません「VMware Fusionアップデート」 »

2008/04/23

思い立ったが吉日「ザウルスSL-C1000とイーモバイルD01NX」

Airandzaurusあいかわらずひどい写真です。夜中に撮っているうえ、ライトもろくに使わないもんだからフラッシュで色がおかしくなっています。(^^;

急遽、ザウルス「SL-C1000」とイーモバイルのCF通信カード「D01NX」を購入してしまいました。これでこれまでSL-C860とイーモバイルEM ONEの2つでやっていた予定表管理とホームページ巡回、MacBook Airのモデムの役割をSL-C1000にまとめられそうです。

そのためにいろいろ設定。

  1. イーモバイルのサポートページからD01NXのザウルス用ドライバを取ってきてインストール。あっさりつながって1.5Mbpsで通信できました。Windows PCでも同じぐらいなので、うちでの速度はこんなもんらしい。昨年7月に契約してから少しずつ遅くなってるのは、きっとうち周辺でも利用者が増えているのでしょう。
  2. MacBook AirはCFカードなんて使えないので、SL-C1000をインターネットルータにしちゃいます。

SL-C1000をインターネットルータにするには、iptablesというUNIXでのツールでNATを実現する必要があります。そのインストール含めて、以下の設定とインストールを行いました。

  1. MacBook AirとZaurusがUSBでIP通信ができるように、Zaurus用のUSBドライバをMacBook Airにインストールします。純正品はSharpから出ていないため、オープンソースのAJZaurusUSBを使います。リンク先の最新バージョンも10.4(Tiger)までしか対応が書いていませんでしたが、うちでは10.5.2でも20分連続稼働で問題は出ていません。
  2. iptablesがスペシャルカーネル(カーネル設定をチューニングしてリコンパイルした物)でしか動かないという情報があったので、SL-C1000ここを見ながらカーネル入れ替えを行いました。もちろんその前にカーネル含めて全部戻せるようにここを見ながらNANDバックアップをSDカードに取得しています。
  3. 最後にiptablesのインストールですが、これは少し手間取りました。世間にある情報だとスペシャルカーネルのバージョン違いからインストールすべきiptablesのバージョンが異なり、これがなかなかない。さすがに自分でiptablesのソースからコンパイルするのはつらいので、いろいろ探してなんとか神ページを見つけました。ここでインストールすべきパッケージが全部ダウンロードできるし、設定もすべて書いてあります。
  4. MacBook Airのネットワーク設定をします。ザウルスとMacを通信するだけならザウルスがDHCPサーバになってるのでなにもしなくてもIPアドレスがMacBook Airに設定されますが、DHCPではデフォルトゲートウェイとDNSサーバが設定されないので手入力で設定します。

(7/22追記:ZaurusのDHCPサーバの設定ファイルに、デフォルトゲートウェイとDNSサーバのIPアドレスを渡すように追加で設定しました。いずれ別のエントリーで設定の仕方を書こうかと思いますが、設定で陥りやすいミスはザウルスの"/etc/hotplug/dhcpcd.conf "を編集するのではなくUSB接続時にdhcpcd.confを作り出している"/etc/hotplug/usbd.func"を編集する必要がある点です。)



ザウルス用USBネットワーク設定


MacBook Airで通信する時には、SL-C1000とMacBook AirをUSBで接続し、SL-C1000を操作してダイヤルアップ接続をすればMacBook Airからもインターネット通信ができるようになります。MacBook Airからの通信開始でSL-C1000を自動ダイヤルアップすることもできると思いますが、今は時間がないのでこんなところで設定終了です。

ちなみにこの接続ではMacBook Airでの通信速度は0.5Mbps程度で、SL-C1000の直接通信より遅いです。SL-C1000のUSBは1.1なので、それが遅い原因かもしれません。もしくはMacのザウルスUSBドライバであるAJZaurusUSBがボトルネックになっているのかもしれません。

速度優先ならイーモバイルのUSBモデムタイプであるD02HWを使うべきでしょうが、0.5Mbpsでもホームページを見るのはそんなに遅い感じはしないので、物を増やすよりSL-C1000をモデム代わりにすることにします。

【追記】
USB接続されたZaurus経由でのMacBook Airからのアクセスですが、上では「0.5Mbps程度」と書きましたが、それ以後使っていたら、Zaurusで直接通信するのとあまり変わらない速度で通信できていました。実際にMacBook Airで出た速度として1.7Mbpsが出ていたこともあります。

Zaurus直接だと2.5Mbpsが今のところ最高速度でしょうか。都会では人がいっぱいで速度は出ないので、神奈川の田舎(通信圏の端っこ)だと速度が出やすく、だいたい2Mbps前後は普通に出ています。ここではMacBook Airはつなげていないので、MacBook Airでの最高速度は1.7Mbpsとなっています。

|

« ついに終了か?「ザウルス SL-C3200/1000」 | トップページ | MacBook AirはMacOSだけではありません「VMware Fusionアップデート」 »

コメント

なんてマニアックなオタッキーな事をっ!?
 
つまり直接死神の力を使えない時にルキアが一護を死神代行にした様な事をやっているワケですな?

投稿: はだだ | 2008/04/23 08:09

難しい例を出されてもわかりません。(^^;

ところでMacにつないだ時の速度はそれほど落ちないことがわかりました。Zaurus単体で出る通信速度とほぼ同等がZaurusでつないだMacでも出ます。

霊力はすべて吸い取れてるようです。(笑)

投稿: にしヤン | 2008/04/30 09:44

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 思い立ったが吉日「ザウルスSL-C1000とイーモバイルD01NX」:

« ついに終了か?「ザウルス SL-C3200/1000」 | トップページ | MacBook AirはMacOSだけではありません「VMware Fusionアップデート」 »