« 発売4ヶ月でサービスパック「Office for Mac 2008」 | トップページ | 自分で直しました「MacBook Airの冷却ファン停止」 »

2008/05/23

もう壊れた?「MacBook Airの冷却ファン停止」

Fan0rpm今日の夕方から私のMacBook Airの冷却ファンが回転していません。普段なら使い始めの冷えている時にも2000回転ぐらいで動いており、この時でも吹出口に耳を近づければ「フォー」という音がわずかに聞こえるぐらいに常に動いています。VMware FusionでWindows XPを動かした時には6000回転以上でまわり、誰もしゃべっていないオフィス程度の静かさの部屋なら、タイピングしていてもファンの音が聞こえるぐらいの音をたてていました。

それが今では吹出口に耳を近づけても、HDDのカリカリとした音や電源の方から聞こえるチリチリとしたわずかな音しか聞こえません。上の写真はVMware Fusion上のWindows XPでGyaoの動画を見ている時にiStat Proで取得した温度と冷却ファンの回転数です。CPUにあるセンサーの温度は84℃にもなっています。最高時には87℃になっていました。だいたい87℃と82℃の間をいったりきたりという感じで温度は推移していました。こんな状態でも熱暴走せずにGyaoは再生できていましたが、部品が劣化していきそうで怖いです。冷却ファンが動いていた時には最高でも82℃程度だったと思うので、CPUは動き続けていても最高温度が上がったことで部品劣化の危険性は高まっていることでしょう。

Fan0rpm2この写真はブラウザのFirefox 3 RC1とメールリーダのThunderbird 2のみを動かしている時の温度です。CPUは53℃で、上がっても57℃でした。これは冷却ファンがまわっていてもだいたい同じ温度です。CPU以外もそれほど違わないですね。

冷却ファンが正常に回っていた時に、どのような条件が回転数の上昇に影響を与えているかを調べるために温度と回転数をメモっていたので、今回の温度と比較してみましょう。

























































































温度と冷却ファン回転数
FAN正常回転 FAN停止
CPU 54℃ 54℃ 55℃ 70℃ 84℃ 53℃
Heatsink 50℃ 47℃ 47℃ 58℃ 72℃ 51℃
Enclosure Base 33℃ 35℃ 34℃ 36℃ 34℃ 33℃
Enclosure Base 2 33℃ 35℃ 34℃ 36℃ 34℃ 33℃
Enclosure Base 3 31℃ 30℃ 32℃ 31℃ 28℃ 30℃
Airport Card 39℃ 40℃ 41℃ 40℃ 47℃ 37℃
Power supply 50℃ 52℃ 50℃ 60℃ 61℃ 48℃
HDD 36℃ 36℃ 36℃ 36℃ 34℃ 36℃
FAN回転数 2969 rpm 4609 rpm 6192 rpm 6188 rpm 0 rpm 0 rpm

並べてみると、冷却ファンがないことで温度が上がっているのはCPUとそのヒートシンク、そして無線LANカード(Airport Card)のようです。それもWindowsを使っているなど負荷が極端に高い時だけのようです。上の表だと冷却FAN正常回転と冷却FAN停止では70℃と84℃で極端に上がっているように見えますが、冷却ファンがまともに動いていた時にも最高82℃で動いていたこともあったため、冷却ファン停止状態の現在との差はそれほどないともいえます。

負荷が低くても使っているうちに少しずつ温度が上がっていくようなことがあるかと思って2時間ほどメールとブラウザ、Microsoft Wordを使いながら温度をときどきチェックしましたが、温度変化はほとんどありません。ちなみにこの時の室温は26℃でした。この程度なら、室温が低いことによってMacBook Airの温度上昇を防いでいたわけではないと思われます。

VMware FusionでWindows XPを使っていないような、Mac環境だけの普段作業では大差ない模様。もしかして冷却ファンって、普段は止めてても大丈夫なのかも…

昔、Powerbook 2400c/240にG3/400MHzカードを入れて、さらにそれをクロックアップしたりしていましたが、最高速度にするとOSは起動するのですがCPU温度が92℃になった時に熱暴走。電源落としてしばらく冷やすとまた稼働するのですが、92℃になった時にまた熱暴走という状態でした。それで設定を最高速度から一段落として89℃までしか上がらないようにすることで、安定して仕事で使えていました。G3はモトローラのCPUで熱耐性の高さがあったのですが、MacBook AirはIntel CPU。さすがにそこまで安定して使えないでしょうし、そもそも85℃以上が続くとあっという間に劣化しそうです。

それはともかく、落としたわけでもぶつけたわけでもないのに、異音など前兆もなしに冷却ファンが止まってしまったのは腑に落ちません。今は修理に出すと仕事に支障が出るので様子見しますが、来週になっても動かないようならアップルストアのサポート窓口であるジーニアスバーにでも行ってみようと思います。

|

« 発売4ヶ月でサービスパック「Office for Mac 2008」 | トップページ | 自分で直しました「MacBook Airの冷却ファン停止」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: もう壊れた?「MacBook Airの冷却ファン停止」:

« 発売4ヶ月でサービスパック「Office for Mac 2008」 | トップページ | 自分で直しました「MacBook Airの冷却ファン停止」 »