« 国際経済が私の財布を圧迫する「RX-7とガソリン代」 | トップページ | 速報「Microsoft Office 2008 for Mac 12.1.1 アップデート」 »

2008/06/25

消えゆくザウルスの最後の花道?「SL-C1000とイー・モバイルD01NX」

Armyknifeザウルスの生産終了の噂が4月と5月にあちこちのブログに吹き荒れました。うちのとこでも4月に書いています。4月は某掲示板に出ていた「サポートに障害問い合わせのついでに生産の継続を聞いたら今月一杯で生産終了と回答された」というのが元ネタ、そして5月のは某氏がサポートに生産終了について問い合わせたら今月一杯で生産終了と回答されたのをブログに載せたのが元ネタです。4月/5月の両方とも今月一杯で生産終了という回答ですが、問い合わせ時期はそれぞれ4月と5月ですが回答は変わっていません。なーんか、このあたりが噂っぽいなぁと思うところです。

まだシャープからニュースリリースもないし、通販では「在庫限り」となっているところもありつつ、「取り寄せ」となっているところもあり、まだ市場から新品が消えていっているという感じはありませんし、「在庫一掃」「最後の叩き売り」に入っている様子もありません。これもまたザウルス生産終了というのが完全に決まっているように感じられない理由です。存在理由からすると、希望的観測でしかないというのも感じていますが。

スマートフォンやEeePCのような「性能は低いけど安価」な小型ノートPCが出てきたことで、PDA単体の存在価値はなくなっていくということも言われていますが、それは「万能ナイフがあれば、家でも包丁はいらない」と言っているのと同じではないでしょうか。確かに機能としてはすべてをまとめることはできますが、あくまでもそれは「使える」というだけで、「使いやすい」そして「他にはいらない」とは別です。可能ならば使い分けた方が使いやすいはずです。

とまぁ、こんなことを書きつつも、なんとか携帯電話にPDAをまとめられないかとか、最新の製品に乗り換えられないかとか試してきて挫折した者の戯れ言だったりします。まず携帯電話やスマートフォンでは画面サイズ(物理的な大きさと表示領域の広さ)で制約を受け、小型ノートPCではいつでもどこでも立ったままでも使えるかという使い勝手の制約を受けます。EM・ONEでさえもブラウジングを片手で操作できないという点で私には使い勝手の悪い機種になってしまいました。小型ノートPCにいたっては、机など置くスペースを確保しないと使えないので、私のPDAの使い方に制限を加えてしまいます。そんなわけで別物なわけです。(現在の小型ノートPCに期待するのは、いまでも使っているVAIO C1の置き換えです)

このような理由から「SL-C760までの厚さに戻ってくれないかなぁ」と思いつつもザウルスを捨てられないのですが、イー・モバイルがザウルス用のドライバを出してくれてCFカードタイプのD01NXが使えるようになって、ずいぶん使える範囲が広がりました。今までもbitwarpのPDA専用サービスで安価に似たようなことができていたと思いますが、イー・モバイルの高速な通信でWWWブラウジングが実用的になりました。そして東海道新幹線では走行中も問題なくつながるようになりました。

Airinshinkansen東海道新幹線のN700系の各車両の一番前の席には壁にテーブルがついているのですが、写真のようにMacBook Airにぴったりサイズです。そしてその後ろにはスペースがあるため、D01NXを付けたザウルスとMacBook AirをUSB接続することで、走行中でも1〜2Mbpsでのインターネット接続ができます。この組み合わせで3時間弱ほど通信が可能。なかなか快適な組み合わせです。普段はWWWブラウジング可能なPDAとして使い、MacBook Airを出せるところなら高速なモバイルルータに早変わりというわけです。もちろん小田原~三島間のほとんどトンネル区間や関ヶ原など一部の山林区間は通信できませんが、イー・モバイルは都市部以外については新幹線に沿ってエリア拡大しているので、新幹線の中ではけっこう使えます。
(SL-C1000のモバイルルータ化についてはこちらのエントリーをご覧下さい)
(7/16追記:世間様でモバイルルータといったらPHS300のような無線LANアクセスポイントになるPersonal HotSpotというべき物でしょうが、ここではあくまでも「持ち運び可能で通信キャリアによる無線インターネットが可能なルータ」までであり、無線LANルータにはなっていません。ザウルスにhostapモジュール入れればなんとかなりそうなんですが、めんどくさそうなのとUSBの無線LANアダプタも動かす必要があるので手を出していません。)

これだけ使えると、最近の携帯キャリアとセットに開発されているPDAやスマートフォンは必要ありません。というか、私の使い道と使い方ではザウルスの方がずっと使いやすいというのが正直なところです。Windows Mobileよりはるかに自由度の高いLinux環境という魅力もありますが、その話はまた別の場で。(^^;

|

« 国際経済が私の財布を圧迫する「RX-7とガソリン代」 | トップページ | 速報「Microsoft Office 2008 for Mac 12.1.1 アップデート」 »

コメント

僕もウィルコムからE-モバイルに乗り換えようかなぁ……。
 
でもウィルコムの解約方法が不明なのです。(^^;

投稿: はだだ | 2008/06/27 08:34

ウィルコムって平日に電話で解約の手続きが必要なのですね……。
 
なんてこったい相撲万歳

投稿: はだだ | 2008/06/27 21:18

そうです。電話で解約を伝え、解約申請書をもらって送り返す手順のはずです。料金は電話をした日をベースに日割りになります。注意が必要なのは、電話での解約依頼の時にPHSカードの電話番号が必要だったはずです。

月に一度も通信しない場合、イーモバイルのライトデータプランでウィルコムに比べて安くできる可能性がありますが、イーモバイルは都市部か新幹線の中ぐらいでしか使えないことにご注意ください。

また月に少しでも使う場合はすぐにパケ放題の上限にいってしまうようなプランにイーモバイルはなっているので、使う可能性のある場所と月の費用を比較して決めた方がいいかと思います。

私は旅行での利用を懸念しましたが、通勤時など関東圏で使う場合にはイーモバイル、旅行などで必要な場合にはインターネットが使えるホテルを利用、イーモバイル圏外の移動中にどうしても必要な場合はauの携帯で通信するように使い分けています。

auはパケ割など入っていないので使うと高いのですが、あくまで非常用なので、メールや必要最低限のWWWアクセスなら1回150円程度で収まることを確認済みです。

投稿: にしヤン | 2008/06/27 23:31

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 消えゆくザウルスの最後の花道?「SL-C1000とイー・モバイルD01NX」:

« 国際経済が私の財布を圧迫する「RX-7とガソリン代」 | トップページ | 速報「Microsoft Office 2008 for Mac 12.1.1 アップデート」 »