« 機能と性能を秤にかけて「VMware Fusion 2」 | トップページ | 最新がいいとは限らない「Time Capsuleファームアップデート」 »

2008/12/31

1週間我慢してれば6万円のお得だった「新Macbook Air」

Macbookair今月最初で最後のエントリーであり、今年最後のエントリーは、新しいMacBook Air(Late 2008)についてです。旧MacBook Air(Early 2008)を持っていたにもかかわらず、これを購入してしまってから1ヶ月ちょいがたちました。

10月まではほとんどパワーアップもしていない、そしてデザインも変わっていない新MacBook Airを買うとはまったく考えておらず、気にしていたのは新MacBook Proでした。これをそれまで使っていたMacBook Airではできないこと用に購入して使い分けようと考えていました。

しかし、10月末までの徹夜続きの過酷な生活、そしてそのタイミングで訪れるMacBook Airの熱による性能劣化が私にアップルストアの購入ボタンを押させてしまいました。MacBook Proではなく、普段使いのMacBook Airを快適にしたいという思いからの衝動買いです。

それだけでは終わりません。新しいMacBook Airを心待ちにしていた私に、次の波が襲いかかってきたのです。納期の延長です。11/5出荷予定になっていたのに、11/25出荷予定、そして配送予定が12/1までに延長されたのです。しかもすべての出荷が遅れているわけではなく、HDDモデルを頼んだ人のみの遅延であり、SSDモデルは11/3ぐらいから出荷が開始されていました。アップルでHDDの調達が遅れており、そのためにHDDモデルは出荷できない状況に陥っていたのです。それでも来ないものは仕方ない。なんといっても私がSSDモデルにしなかったのは、SSDではBootcampで問題が出るという情報を見ていたためで、HDDモデルを待つしか選択肢はなかったのですから。

しかし、某掲示板ですでにSSDモデルを取得した人の書き込みで、SSDでも問題なくBootcampでWindowsを動作させている報告が挙ってきました。これに心揺らして、11/20に注文してたHDDモデルをキャンセル、SSDモデルを注文してしまいました。6万のプラスですが、今度のSSDは旧MacBook AirのIDE接続とは異なり、SerialATA接続。きっとSSDの性能を引き出して速いこと間違いないと心を騙して、これまた衝動買いです。そしてそして、この判断が実に早計で、数日後に大きな後悔につながるとは夢にも思っていなかったのです。

それから1週間後、これまた某掲示板を見ていると、新MacBook AirのHDDモデルを待っている人の書き込みにこんなのがありました。

「自分の注文が勝手に変更されて、SSDモデルになってる。しかも値段は変わってない。」

なんとAppleは11/25出荷もできなくなり、11/25出荷予定分だった注文についてはHDDからSSDに値段そのままに入れ替えて発送することをしたのです。この情報が流れたその日にHDDモデルを注文した人もいましたが、それらはHDDモデルのままだったため、11/25出荷予定の初期注文分のみ待たされすぎというAppleの判断だったのでしょう。私もあと1週間我慢していれば、6万プラスすることなくSSDモデルをゲットすることができたにもかかわらず、わずか1週間の納期が早まるだけのためにプラス6万支払ったことになります。なかなかにショックでかいです。

それはともかく、新MacBook Airは以下のように旧MacBook Airの不満点やカバーしていなかった使用方法をカバーしてくれるようになりました。

  1. VMwareでWindowsを使っていると、VMwareとMacアプリの切り替えで待たされたのが、ほとんど待たされなくなった。(たぶんSSDの効果で、swapに落ちたメモリ空間の切り替えが速くなったと思われる)
  2. 旧MacBook Airでは内蔵HDDが80GBでVMware用のWindows領域を入れていると残り10GBを切るぐらいに苦しかったが、SSDだと113GBの領域となってBootcamp用のWindows領域を20GB使っていても余裕がある。
    (SSDは128GBとなっていますが、使えるのは113GBです。これは1GBを1000,000,000Byteと計算するかしないかの差以上の減り方であり、カタログに128GBと書くのは詐欺に近いと思うんですが、Appleのサポートページでは明確に「SSDの使用可能領域は113GB」と書いているので、法的にはぎりぎりセーフなんでしょうね)
  3. BootcampでWindowsを動かすと、オンラインゲームのFF XIは楽勝で動く。FF XIベンチ3のHighで、FF XIが開始された年に最強の3DビデオカードだったRadeon 9700のスコアよりも高い値である4352(Radeon 9700+Athlon 3200+のデスクトップで4333)を叩き出した。今ならノートPCでも2kg以上の製品なら軽くこれ以上のスコアは出すけど、1.3kgのノートとしては上々のスコアだし、十分プレイしていて問題なし。それに今ではめったにプレイしないし。(笑)

期待していた発熱問題については、劇的には変わっていません。やはり旧MacBook Airと同じように温度は上がります。ただし、Enclosure温度が40℃超えても、性能劣化は顕著ではありません。40℃ぐらいだとまだ使えないほどではなく、わずかにひっかかるようになったかな?というぐらいの劣化に収まっています。この性能劣化が極端ではなくなったということで、旧MacBook Airよりずっと使いやすくなっています。
(2009/02/08追記:旧MacBook AirだとEnclosure温度が40℃を超えたあたりからCPU使用率でシステム部分が80%以上を占めてしまい、ユーザアプリケーションが使うCPU能力がほとんどなくなって使い物にならないほど遅くなってしまっていました。それに対して新MacBook AirではEnclosure温度が41℃になってもCPU使用率のシステム部分は60%ぐらいまでしか上がらず、むちゃくちゃには遅くなりません。ちなみに温度が上がりやすいのは、意外にも画面共有でした。他のMacを画面共有しつつ他Spacesに放置していても、左手を置いているあたりは凄まじく熱くなります。Enclosure温度も42℃とかになったりします。他Spacesに置いていて表示させてないのに、なんでこんなに熱くなるんでしょう? 不思議です。)

逆にマイナス面ですが、使い勝手にまだ大きな影響は出ていないことではあるのですが、旧MacBook Airよりも実質メモリが減っています。2GB積んではいますが、そのうちの256MBはビデオメモリとして使用されているので、アクティビティモニタでシステムメモリを全部足しても2GBになりません。実は最近までビデオメモリにシステムのメモリが使われているのをすっかり忘れていました。使用メモリと空きメモリを足しても2GBにならないので、故障かと思ってアップルストアのジーニアスバーに持っていこうかと考えていたぐらいです。幸い、ビデオメモリに使われていることに思い当たって、ジーニアスバーで恥をかくのを回避することができました。

さて、感覚的な感想はいったん終わりにして、数値による差について出しておきます。Macのベンチはこれまでやってこなかったし、Windows機と比較した方がおもしろいと思うので、VMwareでのWindowsのベンチとBootcampでのベンチの値を載せておきます。

  旧Air
VMware Fusion 1.1.3
旧Air
VMware Fusion 2.0.1
新Air
VMware Fusion 2.0.1
新Air
Bootcamp
仕様 CPU Core2Duo 1.8GHz Core2Duo 1.8GHz Core2Duo 1.86GHz Core2Duo 1.86GHz
HDD 1.8inch 80GB 1.8inch 80GB 1.8inch SSD 128GB 1.8inch SSD 128GB
Memory 2GB 2GB 2GB 2GB
OS WindowsXP SP3 WindowsXP SP3 WindowsXP SP3 WindowsXP SP3
Resolution 1280x800 (32bit) 1280x800 (32bit) 1280x800 (32bit) 1280x800 (32bit)
Core数 2 2 2 2
Memory 512MB 512MB 512MB 2GB
アンチウィルス McAfee
Internet Security
McAfee
VirusScan Plus
McAfee
VirusScan Plus
McAfee
Internet Security
ALL 97,819 73,106 102,245 79,135
CPU Integer 243,167 240,085 246,728 258,332
Float 155,069 152,428 226,668 262,667
Memory Read 98,251 77,878 94,122 128,886
Write 91,150 71,685 75,938 113,783
Read&Write 171,296 138,546 148,774 220,500
Video DirectDraw 29 16 18 29
Rectangle 16,175 8,078 9,948 33,698
Text 2,196 828 719 17,430
Ellipse 5,255 614 742 3,655
BitBlt 119 304 372 359
HDD Read 167,868 141,066 207,598 91,799
Write 88,504 47,510 127,592 20,653
Random Read 121,183 61,481 83,457 67,290
Random Write 76,133 38,557 51,614 16,378

BootcampのALLの値がVMwareよりも低いのは、HDD性能の差によるものです。VMwareではHDDアクセス性能が極端に高いため、これがALLの値を引き上げています。(すべての値は3回計測した平均値のため、偶然に良い値が取れたわけではありません)

HDBenchだと値の単位がわかりづらいので、HDDの読み書き速度をベンチするCrystalDiskMarkでも測ってみました。

「BootcampでWindowsXP」

Crystaldiskmarkbootcamp

「VMware FusionでWindowsXP」

Crystaldiskmarkvmware201

BootcampでのWindowsXPでは、SSDとしてはほとほどの性能になっています。SLCタイプとしては性能はいまいちで、最新のMLCにも少し劣るかもしれません。(1.8インチのSSDなんてほとんど出ていないので、比較は2.5インチの製品とですけど)

これがVMware FusionでのWindowsXPだと爆速です。RAID0(ストライピング)でも組んでるんですか?ってぐらい速いです。実際に使っているとひっかかるような動作をすることがあってそれほどでもないんですが、ベンチだとやたら速いです。そんなわけでHDBenchでHDD性能がやたら速く出るのは、このような下地があってのことです。(VMwareの仮想ディスクで工夫があるらしいです)

新MacBook Airの感想第一弾は、こんな感じでございます。6万高くなって全部で30万もした衝動買いでしたが、まぁ、これまで使っていた旧MacBook Airもなんとか9万で売れたし、良しとしましょう。(←自分をなんとか納得させようとしているらしい ^^;)

|

« 機能と性能を秤にかけて「VMware Fusion 2」 | トップページ | 最新がいいとは限らない「Time Capsuleファームアップデート」 »

コメント

あれれ~?
なんだ……、KURO買ったはまた別の日か……。(^^)

投稿: はだだ | 2009/02/23 08:10

老後が心配で、そんな高いものは買えません。(^^;

投稿: にしヤン | 2009/02/26 02:55

1.6GHzのAirでVMwareを使用していますが、WinとMacの切替時間にいらいらしています。2.13GHzのAirにしたら、かなり快適になりますかね・・・

投稿: yana | 2009/12/01 16:08

yanaさん、コメントが遅くなってしまい、すみません。

自分の感覚だとCPUクロックよりもHDDからSSDになった時の方がMac⇔Winの行き来の快適さは上です。

私は初代のMacBook Air 1.8GHz/HDDから二代目の1.86GHz/SSDに切り替えたのですが、初代では時々なっていた切り替え時のレインボーカーソルがほとんどなくなりました。

あと、切り替えに時間がかかる理由としては、Windowsに割り当てるメモリを無駄に多くしないというのがあります。私はWin2000とXPを使っていますが、Win2000では512MB、XPでは768MBにしてMS OfficeやVisioを使っています。これだけでも不便することはありません。

あまり多すぎるとSWAPに入ってしまったメモリ内容をオンメモリにするためにHDDもしくはSSDにアクセスすることになってしまうので、Mac⇔Winの切り替えに時間がかかってしまいます。

ですので、初代Airを使っていて費用を抑えたいのならSSD化という手もありますし、もう少し費用を出せるなら三代目Airを買うのも安全かと思います。

私は7~8月の暑い時期以外は二代目SSDで十分快適なので、しばらくこのまま買い替え無しに使っていくと思います。

投稿: にしヤン | 2009/12/09 13:08

ほぼ二年経過してしまいましたが…
情報ありがとうございました。
現在は、MacBook Air Core2 Duo 2.13/ 13.3/2G/SSD128G、を使用中です。
VMwareの起動速度にもまあまあ満足です。
現在発売中の新型Airが欲しいのですが、次のモデルが出てからにしようと考えています。

投稿: yana | 2011/10/25 19:57

yanaさん、前回コメントされた後に購入されたのですね。

私は11インチが出た時に、メモリが4GBになったこともあり、それまで使っていた第二世代は中古に出し、Air Core2Duo 1.6GHz/11/4G/SSD128GBを購入しました。

あれからまた新しいAirが出ましたが、まだまだ使えます。

お互い、大事に愛機を使っていきましょう。

投稿: にしヤン | 2011/10/27 01:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/27197/43593800

この記事へのトラックバック一覧です: 1週間我慢してれば6万円のお得だった「新Macbook Air」 :

« 機能と性能を秤にかけて「VMware Fusion 2」 | トップページ | 最新がいいとは限らない「Time Capsuleファームアップデート」 »