« 1週間我慢してれば6万円のお得だった「新Macbook Air」 | トップページ | Timecapsuleのその後 »

2009/03/09

最新がいいとは限らない「Time Capsuleファームアップデート」

Timecapsulefirmproblem久しぶりに更新します。えぇ、Mac関連の不具合ですとも。すっかり安定して書くことなかったのに、Time Capsuleの新しいファームウェア「7.4.1」が出てたのでアップデートしたら、無線LANはつながってるのに外と通信できません。完全にできないわけではなく、なぜかタイトルバーにある無線LANメニューを表示して「AirMacをスキャン中...」が終了するとデータが降ってきます。それで解決するかといえばそうではなく、無線LANメニューを閉じるとまた通信できなくなります。

この症状、Time Capsuleとは別に用意してあるバッファローの11gにつなぐと安定してつながるし、Time CapsuleへのTime Machineバックアップも行われます。タイミング的にも動作的にもTime Capsuleのファームウェアアップデートが原因と感じてはいたのですが、ちょうど同じ日にHDDの空き容量不足が招くOS不安定が発生していて、それとの切り分けができていないのでどう対処したものやらと悩んでいました。
(ついでですが、OSが入ったHDDの空き領域が3GB切るとOSフリーズとか不安定になることに最近気付きました)

そしたらAppleのDiscussion Boardに「AirMac Extream 802.11n (and TimeCapsule)ファームウェア7.4.1アップデート後の不具合」というのが出てまして、まさにこの問題でした。無線LANで5GHzを使っていると出るとのことです。11g併用とかで2.4GHz使用だと問題ないんだとか。

5GHzを使い続けながらの回避策は手動設定ボタン押下後に出るメニュー、AirMac>Time Capsuleの「Bonjourを使用したインターネット経由での接続を許可」のチェックを外すこと、そして詳細>統計情報の「SNMPを許可」のチェックを外すことのようです。

私の環境では「Bonjourを使用したインターネット経由での接続を許可」は最初から切っていたのですが、「SNMPを許可」にしていました。このために発生したのでしょう。

いずれは問題を解決したファームウェアがアップデートされるでしょうが、SNMPを使うような管理ツールを導入する予定もないので、この設定はこのまま使用することにします。

(追記:上記の回避策ではダメでした。しばらくは通信が安定していたのですが、仕事から帰ってきて無線LANで通信してみたらやっぱりつながらない。タイトルバーの無線LANメニューを表示してる時だけ通信できます。しょうがないので最後の手段、ファームのダウングレードを行いました。AirMacユティリティのベースステーションメニューにある「ファームウェアのアップロード」から7.3.2(これまで私がダウンロードした中の最新)を選んで、Time Capsuleを更新。この時、有線LANにつなぎ直してなかったので、ファームダウングレード中にTime Capsuleから切断されるんじゃないかとヒヤヒヤしました。無線LANメニュー出しっ放しで完了するのを待ちました。とりあえず今のところは安定しています。)

(2009/03/16追記:ファームを7.3.2にダウングレードして安定していたTime Capsuleですが、今日帰ってきたらオレンジ色の警告ランプが点滅してました。AirMacユティリティで見てみたら、「早く7.4.1に上げんかいっ、ゴラァ!」という警告でした。無視だ、無視!(笑))

(2009/07/23追記:ファーム7.4.2が出てもしばらく様子見していたのですが、我慢しきれず入れてみました。無線LAN接続だとTimeMachineによるバックアップが始まらないどころか、バックアップ先としてTimeCapsuleが見えなくなり、選択できなくなりました。インターネット接続は問題なさそうですが、バックアップができなければ意味がありません。また7.3.2に戻しました。いったいいつになったら最新のファームにできるのだろうか…)

(2009/08/07追記:MacOSが10.5.8になり、ついでにTimeMachineバックアップができなくなっちゃうTimeCapsuleのファームを7.4.2に上げてみました。今のところはTimeMachineバックアップはできています。MacOS側にも問題あったんですかね。これでなんとかなってくれればいいんですが。)

(2010/03/03追記:7.4.2はやっぱダメです。上記のタイミングで上げてから1週間後には7.3.2に戻しました。その後、OSをSnow Leopardにした後に7.4.2に上げたこともあるのですが、つながっても通信不能ということはなくなってたのですが、最初からつながらないということが多発してました。そんなわけで今でも7.3.2です。とても安定してます。(^^))

(2012/02/13追記:7.6はOKです。というか、初代TimeCapsuleには効果的なアップデートで、まわりの無線LAN電波が増えてきたことによる速度低下が7.6に上げたことで解決してくれました。今は7.6.1を検証中です。ちょっとダウンロード速度が半分に落ちたような気がするので、もしかしたら7.6に戻すかも。)

|

« 1週間我慢してれば6万円のお得だった「新Macbook Air」 | トップページ | Timecapsuleのその後 »

コメント

タイトルだけpがないのは何かヲタッキーな隠語だらふか?
奥が深い……。

投稿: はだだ | 2009/03/10 08:26

MacBook Airのキーボードが抜けやすいということを慎ましやかに表現しているのです。(笑)

もちろん嘘です。MacBook Airのキーボードは世界イチィィィィ
(ノートにしては)

投稿: にしヤン | 2009/03/10 22:05

そういえばつい先日 iTunes を最新版にアップデートしたのですが
CDの取り込みで音とびが出る様になりました……。
これはきっとうちのPCの光学ドライブのヘッドが汚れているだけですよね? (^^;
ちなみに取り込みに使ったCDは最近買った新品でした。

投稿: はだだ | 2009/03/17 08:31

 ↑ 失礼しました _o_
 
iTunesの音とびはCDから取り込みした時ではなくて
再生時でした(もっとだめぢゃん ^^;)
 
#ゆんべwizpyで聞いたら問題なく再生できました。

投稿: はだだ | 2009/03/18 09:24

もしかしてiTunesの再生時の負荷が高まって、使ってるパソコンの性能が足りなくなってきてるのでは?(笑)

投稿: にしヤン | 2009/03/21 20:39

10年くらい前の Time Capsuleをヤフオクで落札しました。

MacBook Pro(13-inch, Early 2011)、macOS Mojave10.14。

本体は問題なさそうでしたが、デスクトップで認識しません。 Time Capsuleファームウエアバージョン7.3.1 以降(7.3.1 か7.3.2を)が必要とのメッセージがでました。
マックのサイトでアップツーデートのファームウエア見つかりません。マックのサポートやチャットサービスを試みましたが要領を得ず無駄でした。
不躾ながら Time Capsuleファームウエアバージョン7.3.1 以降(7.3.1 か7.3.2を)の入手方法などご教示のほど、よろしくお願いします。

投稿: 宮崎五郎 | 2019/07/06 11:52

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最新がいいとは限らない「Time Capsuleファームアップデート」:

« 1週間我慢してれば6万円のお得だった「新Macbook Air」 | トップページ | Timecapsuleのその後 »