ゲーム

2005/12/16

PC版の純粋移植?「Xbox360版FF XI β」

FF XI βを買いました。なんか重い箱がついてきましたが、とりあえず気にしないことにします。(笑)

この箱ときたら、すごいんです。

まず開けてびっくりするのがACアダプタ。このサイズと重さは無停電電源装置です。バッテリーが入ってるとしか思えません。某書の記事では1.1kgあるんだそうです。ノートPC並みです。電源ケーブルは工場で使っているかのような太さで、「もしかして200V電源が必要??」かと心配してしまいました。

さらにACアダプタのコンセントを入れただけで、コンデンサーの焼ける香ばしい香りがしてきます。この香りは機械屋にはたまらないかもしれません。どっかからおやっさんが出てくるのではないかと背後をうかがってしまいます。

さて、Xbox360本体の電源を入れますよ。まずはDVD開閉ボタンを押して…

      あ、開かねぇ…

トレイがひっかかったようになって出てきません。「初期不良か~~!?」と慌てましたが、よくよく見るとボタンとトレイの全面に保護シールが貼ってありました。透明すぎて見えなかったのですが、保護シールならボタンとトレイはわけて貼るのが通常の配慮であり、輸送中の開閉防止シールなら最初にすぐ剥がせるように縁を浮かせておくのが日本製品だと思います。

いや、Xbox360は日本製品ではありませんでした。(^^;
これは海の向こうでは普通のことなのでしょう。

真相を解明したところで保護シールをぺりぺりっと剥がしますよ。

      おもいっきり糊が表面に残りましたが?
      これがヤンキークオリティ(ー_ーメ)

気を取り直して初期設定です。これまでのことから言語設定は英語ではと心配してしまいましたが、さすがに日本語になっていました。設定画面の上の項目から変更していくことにします。

      時計が11/22になっていますので、時間と合わせて修正。
      タイムゾーンがなぜかロンドン標準時に。
      これを日本に直してっと…

      なんか最初に設定した時間がまたズレましたが?

タイムゾーンを売る国に合わせておかないという傲慢さに呆れるとともに、設定させる順序をなにも考えていないところも呆れます。セットアップだけで、こんなに話題たっぷりなハードもめずらしいです。(笑)

おっと、おまけの箱があまりに話題たっぷりだったので、本題のFF XI βのことが書けていませんでした。こちらはβといっても、さすがはオンラインゲームですので、ゲームするにはそれほど不自由はありません。まぁ、

      PS2版とボタン配置が変わってやりづらいとか、
      キーボードのリピートが早くて入力しづらいとか、
      字が小さすぎてS端子接続では読めないとか、
      変換辞書に顔文字入ってないとか、
      (噂によると)カナ入力がバグってるとか、

初日にはいろんな話がとびかっていました。もちろんどれも真実です。
(カナ入力については使っていないので確かめていません)

画面サイズはPC版での1280x768のようです。(D4接続によるワイド画面では)
17インチモニタで1280x1024表示によるFF XIをやったことがある人ならわかるかと思いますが、FF XIでは画面解像度を増やすと、フォントサイズが変わらない文字はそのまま小さくなってしまいます。Xbox360版も何考えてるのかそれをそのままやってしまっています。

PCならRGB接続なので字が小さくても表示はしっかりされていますが、Xbox360はS端子接続の人がいっぱいいます。TVサイズも大きな人ばかりではありません。そのために「字がつぶれて読めないよ~」という悲鳴が多発していました。これは正式版ではフォントサイズ変更機能は必須です。

うちは43インチのプラズマTVにD4(720p)接続でしたので問題ないどころかちょうどいいぐらいです。たぶんこれが最低条件ぐらいになってしまうかと思います。恐るべしFF XI…(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)