経済・政治・国際

2010/08/11

短信「家電量販店利用者から見たカードのポイント」

うちのブログでもっとも参照されてるのは「ビックカメラカードとヨドバシeLIOカードの比較」なのですが、関東・東北限定で家電量販店をよく使う人はビックカメラのVIEW SUICAカードは作っておき、ビックカメラだけで買い物に困らないならそれだけ、ヨドバシをメインに使いたいならeLIOカードも作るというのがいいでしょう。支払いは2万以下の買い物ならSUICAで支払い、2万以上はビックカメラならVIEW SUICAカードのクレジット、ヨドバシはeLIOカードのクレジットで支払いましょう。

買い方ともらえるポイントは以下のようにまとめられます。

購入店 2万未満 2万以上
ビックカメラ ビックカメラVIEW SUICAカードでSUICA支払い
ビックポイント10%+VIEWポイント1.5%
ビックカメラVIEW SUICAカードでクレジット支払い
ビックポイント10%
ヨドバシ ビックカメラVIEW SUICAカードでSUICA支払い
ヨドバシポイント10%+VIEWポイント1.5%
ヨドバシeLIOカードでクレジット支払い
ヨドバシポイント10%+ヨドバシポイント1%(eLIO分)

VIEWポイントの1.5%分はすべてSUICAチャージすることで現金と同等になります。またVIEW SUICAカードは自動改札でのオートチャージを使うことでVIEWポイントが1.5%になります。オートチャージは設定金額以下になると自動改札でチャージされますが、初期状態だと設定が低すぎて家電量販店での買い物には不便です。なるべく設定値を上げておきましょう。駅のVIEW ALTTEで設定できます。

またオートチャージに頼らず、パソコンとFeliCaリーダーの組み合わせでインターネット経由でチャージできるようです。こちらもクレジットによるチャージなので1.5%のポイントは付くでしょう。

ビックポイントおよびヨドバシポイントは買い物で使う時にポイントは付かないため、現金と比較すると価値は10%から1%分減額(現金なら10%付くポイントがない)と考えられます。

以前はビックポイントが1ポイント1円でSUICAにチャージできてとてもお得でしたが、今は減額されたのでVIEWポイント目当てがもっともお得になります。

と、ここまで書きましたが、わずか数百円のためにカードを組み合わせながら使うのは面倒なもの。自分はヨドバシで買う時にはeLIOカードのクレジット払い、ビックカメラではSUICA支払いにしています。ほとんどの買い物はヨドバシで行い、小物と酒だけビックカメラです。私が寄るビックカメラ有楽町店はヨドバシに比べると商品の種類が少なく(ビックカメラは同じ物ばかり多い)、さらにレジがめちゃくちゃ混んでることがほとんどなので、ヨドバシでの買い物が多くなっています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/08/21

カード選択を見直そうかな…「ヨドバシELIOカードとビックカメラSuicaカード」

Cardずいぶん前になりますが、以前のエントリーで「SUICA付きのビックカメラのカードにメインを切り替えた」と書きましたが、今はeLIO付きヨドバシポイントカードにメインが戻りつつあります。ビックカメラのカードだとポイントをSUICAにチャージできるのでヨドバシのカードより得になると考えていたのですが、よく考えてみればヨドバシでポイント使った際にはポイントつかなくても、eLIOのクレジット払いをすると+1%ついているので、ポイント使った時につかないポイント分はeLIOの+1%で回収できているので同じだったりしました。

どちらも還元率が同じなら、あとは「ポイントがヨドバシでしか使えない」と「ビックカメラのポイントをSUICAにチャージすれば、かなりの範囲の店で使える(当たり前ながら電車も)」の使える範囲の自由度の差となります。ヨドバシやビックカメラでめったに買い物をしないのであれば使える場所が多い方がいいのですが、私は頻繁に買い物をしているので、ポイントを使う機会はいくらでもあります。そうなると、使える場所よりも欲しい物がちゃんとある店で買えることの方が重要になります。

それに加えて、私がうろつくビックカメラ有楽町店やビックカメラ新宿店は品揃えが荒い! 同じような物が大量にあり、そして種類が少ないので、探す物が見つからないことが多いのです。ビックカメラで探して見つからず、ヨドバシに足をのばして、そこで見つけて買うといったパターンは8割(当社比)にもなるでしょうか。還元率が同じだから、最初からヨドバシに行くことが増えました。

さらには、ヨドバシでは13%還元とか、時には20%還元なんて、商品によってポイントアップしていることが多いんですよね。こうなるとヨドバシの圧勝です。2ヶ月ほど前に勢いで購入したソニーのブルーレイHDDレコーダ「BDZ-X90」は157000円に21%還元でした。ポイントに33000円弱ついたわけです。さらにeLIOのクレジットで購入したので、+1%ついているので34500円のポイントです。このポイントをヨドバシで他の購入に使うと3450円のポイントがつかなくなるわけですが、これをビックカメラで普通に購入すると15700円のポイントで、ヨドバシのお得分と比較すると、ヨドバシの方が15000円ほどお得になります。まぁ、+21%の特別ポイントと通常ポイントを比べるのは汚い比較ですけどね。(笑)

そんなわけで電化製品の購入はヨドバシに戻ってるわけですが、それ以外の電気代支払いや通信費の支払いはビックカメラの方のカードを使って、それをSUICAにしてもいいかもしれません。それさえも今はやっていないのは、SUICAにチャージするのがけっこう手間なためです。ビックカメラのホームページでログインし、そこでSUICAに移行したいポイントを指定。そして、JRの駅にあるVIEWカードのATMでビックカメラのポイントからSUICAにポイントを移行を申請、そして月締めでSUICAにチャージされるという三段階でやっとSUICAにポイントが入ります。ヘタするとSUICAにチャージされるのは、VIEWカードのATMで申請してから1ヶ月もかかってしまいます。こんなめんどくさいと、SUICAへのポイント移行をぜんぜんやらなくなってしまうんですよね。最初の1回はやりましたが、それから放置してしまっています。放置しちゃうぐらいなら、ヨドバシでポイント使う方がお得です。たかが月あたり数円の損ですし、使いやすさの方を優先させた方が私には合っているようです。
(9/16追記:ビックカメラのSUICAカードで電気代とか払えば、それでついたポイントをSUICAにチャージできるなんて書いてますが、調べたらポイントつくのはビックカメラでの購入とJR関連のVIEWストアでの購入、そしてSUICAチャージのみでした。そんなわけで電気代とかの通常の買い物ではポイントつかないので、これらをヨドバシのeLIOカードで支払ってたのは正解でした。eLIOカードのVISAなどクレジットカードでの支払いではedyチャージ以外の買い物に1%のポイントがつくので、それを全部ヨドバシのポイントとして使えます。)

(10/8追記:上の追記で「電気代の支払いにポイントがつかない」ことを書きましたが、ビックカメラのSUICAカードでも公共料金支払いでビックポイントがつくことがこのページに書いてあることを権兵衛様より情報をいただきました。>ありがとうございます、権兵衛様。

公共料金ならすべてというわけではなく、このページに書いてある範囲の支払いにはなりそうですが、1%のポイントがつくようです。そこでちょっと注意が必要なのが、あまり1%のポイントにこだわって、全部の支払いでビックカメラのカードを使って、それで得た1%分のポイントをSUICAに交換してしまうと、SUICAの自動チャージでつくVIEWポイントの1.5%つくのが減ってしまう点。実はSUICAにVIEWカードでの自動チャージを使った方が、他のポイントをSUICAに交換するよりお得なんです。)

(2010/04/21追記:久しぶりに追記します。今ではどちらが得かはあまり考えず、使いやすい店でその店にあった買い方をしています。基本はヨドバシでクレジット払いをしていますが、ビックカメラ有楽町店の方が帰り道に近いので、急ぎの時にはビックカメラでSUICA払いをしています。ビックカメラではSUICAとの交換率が同率から10(ビックポイント):6(SUICA)になってしまったので、ビックポイントもSUICAに変えず、ビックカメラでの買い物に使っています。ヨドバシでもクレジット払いではなくSUICAで払った方がeLIOでの+1%よりSUICA自動チャージの1.5%の方が得になるのですが、SUICAは入っている金額がそう高額にはできないし、残高気にする必要があるので、ヨドバシではめんどくささからクレジット払いにしてしまいます。私のSUICAは5000円を切ったら5000円を自動チャージするようにしているので、だいたい5000円以下の物なら残高で買えるはずなんですが、それでも残高足りなかった時に恥ずかしいのでついクレジット払いしてます。

ところでビックカメラってレジに並んでる人の長さがはんぱなく長くないですか?有楽町店はレジが5個や10個並んでるフロアもめずらしくないんですが、そんなところもよく10人ぐらい並んでます。これもビックカメラの利用を避けてる理由なんですよね。)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/03/20

ポイントカード選択の難しさ

Card衝動買いをしている身としては、どこで普段買うかも重要であり、その選択理由のひとつにポイントカードがあります。私は関東住まいが長いので昔からヨドバシやビックカメラ、さくらやがあり、昔はこの3つと秋葉原ぐらいしか品揃えのいい店はありませんでした。(横浜にALIC日進という店があり、そこはかなり品揃え良かったですけど)

その中で昔からポイントカードをやっていたのがヨドバシカメラ。私がカードを作ったのは1980年代前半でした。ヨドバシのwikipediaでは平成元年(1989年)からとなっていますが、少なくとも1983年にはカードを発行していました。当時はゴールドポイントカードとは呼ばれていませんでしたけど。当時のカードが残っていれば証拠をアップしたのですが、クレジット機能付のeLIOカードにした時に捨ててしまいました。とても残念。(^^;

25年近くヨドバシポイントカードを使っていた都合、ヨドバシで買うことが多かったのですが、今年になってビックカメラのSUICA機能付にメインのカードを切り替えました。理由はポイントをSUICAのチャージにできることと、なんといっても通勤経路に有楽町のビックカメラがあることです。ヨドバシでの買い物だとクレジット購入でも通常10%+eLIOでの利用で1%の合計11%のポイントがつくのですが、ポイントで支払うとその時のポイントはつきません。それに対してビックカメラでの購入ではポイントがもともとつかないSUICAチャージにポイントをまわせるので、ビックカメラでの購入にはすべてポイントがつくわけで、ヨドバシよりもお徳になります。それがメインを切り替えた理由です。

しかしビックカメラは品揃えがヨドバシに比べて雑で、どうにも買い物がしづらい。メインの購入先を切り替えながらも、どうにもすっきりしてないところです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)