iPhone

2012/01/15

脱獄して広い世界へ「今度はiPhoneにFOMA」

Docomo以前にやった「イー・モバイルのソニエリMini(S51SE)に日本通信のb-mobileを挿してドコモFOMAを使おう」という試みは意図したところで使えず、半分成功、半分失敗だったのでした。追試したところ、ソニエリMiniがこっそりFOMAプラスの800MHzに対応してることなどなく、2100MHzのFOMAエリアのみ使用可能。そうなるとイー・モバイルとサービスエリアがほとんど被るので、わざわざb-mobileのFOMA SIMに差し替える必要はありません。

そして今度はiPhone 3GSをJailbreakしてSIMフリー化し、b-mobileのFOMA SIMを挿しました。1年前にも同じようなこと考えたけど、当時はiPhoneは2100MHzしか対応してないと思ってました。つい最近、iPhoneはこっそり800MHzにも対応しているという情報を得て、それならJailbreakするかと考えたわけです。ちょうどスマホをイー・モバイルにしてiPhoneはお役目御免にしようとしていたので、うまくいけばちょうどいい廃品利用となります。

結果から言うと、あっさりうまくFOMAプラスしかサービスされていないエリアで遅いながらも通信できました。PINGは500ms程度、下りは100kbps程度です。遅い理由がb-mobileのせいなのかFOMAプラスのサービスエリアではドコモの純正SIMを使っていてもこんなものなのかはわかりません。あくまで通信できないところに宿泊するなどの保険としてなので、これで良しとします。Jailbreakによってテザリングもできるので、ノートPCもインターネットできます。

今回、iPhone 3GSのJailbreakに使ったツールはredsn0wの0.9.10b3。0.9.8ぐらいの時にはJailbreakするOSバージョンに合わせてカスタムファームも合わせてダウンロードする必要があったみたいですが、0.9.10b3ではこれ単体でJailbreakできました。ただし紐付きJailbreakです。再起動したらJailbreakが解けちゃいます。再起動する時にはMacなりPCなりにiPhoneをつないで、redsn0wの機能で再起動する必要があります。

4.3.5をJailbreakする時に注意が必要なのは、redsn0wでJailbreakする時に「Install iPad baseband」というチェックを入れた上でJailbreakすること。これによる弊害として、GPSが使えなくなります。iPhone 3GSの初期に出た物はこれでもGPSが有効なままという情報もありましたが、私のは発売されて半年は経っていたせいか、GPSは見事に使えなくなっていました。ただし無線LANの現在地判定は有効です。

Jailbreakできたら、次にSIMロック外しです。これにはJailbreakによりインストールされるCydiaからダウンロードしたultrasn0w1.2.3を使います。ultrasn0w1.2.3のインストール完了でソフトバンク以外のSIMも認識するようになります。

最後にb-mobileのSIMを挿して、b-mobileに合わせてAPNを設定します。設定から一般>ネットワーク>モバイルデータ通信に入り、ここでb-mobileのAPNの設定を追加します。(b-mobileのAPNはSIMが入ってたパッケージに記載されています)

DocomoこのFOMA入りiPhone 3GSをテストするにあたり、神奈川県の丹沢山系の入口、ヤビツ峠に行ってきました。右の図はドコモのサービスエリアですが、ピンクが2100MHzと800MHzが使えるFOMAエリア、黄色が800MHzしか使えないFOMAプラスエリアです。地図の中心が今回行ったヤビツ峠ですが、登山道でFOMAプラスが少し使えるようなエリアです。

ここでFOMAなiPhoneでスピードテストしてみた結果、Pingが500ms程度、下り速度が100kbps程度でした。岩手の平泉でも同じような速度だったので、b-mobileは地方では回線が細いためにこんな速度になっているのかもしれません。アンテナ本数で電波の強さがわかればいいのですが、ソフトバンク以外のSIMだとアンテナは立ってくれません。これはもしかしたらデータ専用のSIMのためかもしれず、電話可能なSIMならアンテナが立つかもしれません。

FOMAプラスが使えているかのチェックのため、b-mobile SIMをソニエリMiniにも入れて動作確認してみました。こちらではまったく電波が入らず。こちらは電波強度が表示できるので、2100MHzがまったく入っていないことを確認しました。これでiPhoneでは800MHzの方で通信していることが確認できました。これでb-mobile 1GB定額FOMA SIMを使ったプリペイドなiPhoneができあがりました。

普段はこのiPhoneを使うことはないですが、山の中の宿に泊まる時にはb-mobileのSIMを購入してiPhoneを持っていくことにしましょう。使う時だけ3100円かかるのが高いか安いかは人によって違うでしょうが、必要になるのは数年に一度ぐらいなので私には問題ないぐらいの出費です。(^^)

(2012/1/16追記)
Emobileヤビツ峠周辺のイー・モバイルのサービスエリアをチェックしたら、ぎりぎりサービスエリアになってました。ヤビツ峠周辺ではFOMAよりサービスエリアが広いです。(右図参照)

しかしヤビツ峠の駐車場では微妙に電波が入りそうながらも通信はできませんでした。めずらしくエリアそばで電波が入りませんでしたが、500mほど道を降りたところではイー・モバイルの電波が入りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/10

よーく考えよー♪お金は大事だよー♪「通信費、下がりました」

CommcompanyソニーエリクソンMiniを先月末に購入し、これで私のケータイとモバイル回線が6回線にもなってしまいました。我ながらバカです。でも月額費用は5300円、来年2月にiPhone 3GSの2年縛りが終わって解約できれば4300円まで下がります。この金額で家のADSLサービスまで入っているので、回線数は多いですが費用は安くついています。

3年前にも通信費用の見直しでずいぶん下げましたが、今回は以下のおかげで下がりました。

  • メール主体になったauケータイのプランをガンガンメールのプランEにした。
  • イー・モバイルが始めた月額割と2回線目の1000円割引を利用し始め、なおかつもともと持っていた1回線目を維持費0円にできた。

auのガンガンメールはもう少し早く切り替えていればと思いました。auがガンガンメールを始めた時はけっこう長電話もしていた頃だったので検討対象外にしていて、そのまま忘れきっていました。今はあまり電話することもなく、しても10分以内なのでプランSSなど通話無料分がないプランでも損はまずありません。メールはEzwebのメールアドレスを捨てられないのと、短いメールのやりとりならスマートフォンよりガラケーの方が楽なので今はガンガンメールが最適プランになっていました。

しかしauのホームページ、ガンガンメールの説明にたどりつくのに、検索かけないといけないというのはauとしては使わせたくないのでしょうか。扱い悪すぎです。

イー・モバイルは契約してから2年経過したデータ回線がある時に、2回線目としてスマートフォンを購入すると1000円値引きという「契約者数は増えないけど、契約回線数は増やしたい」という考えが丸分かりなサービスをやっています。しかも1回線目であるデータ回線は維持費0円にできるのですが、維持費0円のためには「使わない」という条件がついているので、契約が増えても通信量が増えるといったインフラ負荷は増えません。パケット定額料も増えないのですが、今のイー・モバイルは新たな電波帯域を確保するために契約回線数を増やして総務省にアピールしたい時期なので、いい作戦とも言えるでしょう。契約者のほとんどがモバイル回線利用者であり、これからも一般ユーザがあまり入ってこないだろうという読みから、今の契約者のままで1人当たりの回線数を増やす方が早いと分析したことがありありとわかります。
(2011/11/16追記)
2回線目のスマートフォンが1000円割引になるのは「スマートプランデータセット」という名称のプランです。以下のページの真ん中あたりに記載があります。

http://emobile.jp/charge/smartplan.html

データ回線を維持費0円にするにはプランを「ベーシック データプラン」にし、割引サービスを「にねん得割」にします。これでパケット通信を行わなかった月はユニバーサルサービス料含めて0円になります。これも書いてあるところを探すのがたいへんなのですが、以下のにねん得割の表の下にある注釈2つめに記載があります。
http://emobile.jp/charge/waribiki.html#ninentoku


料金プランがデータプランで、新規契約からのご利用期間が新規契約月の翌月から起算して2年以上の場合、課金対象となる通信(国際ローミングにおける通信を除く)のご利用がない月は基本使用料およびユニバーサルサービス料がかかりません。

しかもソフトバンクのiPhoneほどではないですが、月額割として毎月1100円の割引が購入から25ヶ月あるのでずいぶん安くなりました。もともとイー・モバイルの費用は他キャリアより安いし、地下鉄の駅でもだいたい通じるようになったので、普段使いのケータイとして使うとかなり安くなります。

イー・モバイルの2回線目を購入する前である先月と今月、そしてソフトバンクiPhoneを解約する予定の来年2月以降の費用を比較すると、以下の表のようになります。電話回線やADSLまで含む通信費と考えられる物すべて足した費用が、先月までは月13000円だったのが、来年2月以降には6100円になる予定です。

 先月今月2月以降削減内容
NTT固定電話1800円1800円1800円ほとんど通話しないことを含めて変化なし。ADSLと「漏れてもいい連絡先」という位置づけで維持しています。着信があっても留守電でしか受けないので、どこかの申込書とかに書いた電話番号が漏えいして営業電話が増えても鬱陶しくありません。
eAccess ADSL0円0円0円イー・モバイルのサービス開始初期にはモバイル回線契約をすると10MbpsのADSLが無料で付いてきました。これを2008年から使っています。途中で12Mbpsに上がり、実測で8Mbps前後出るので快適です。ただ最近は夜に使いまくってる人がいるのか、20時~23時ぐらいに1Mbps以下まで落ちてしまうこともあり、KDDIのギガビット光に変えるか悩んでいます。
au携帯電話3000円1100円1100円通話量が2100円分つくプランSとダブル定額ライトにしていましたが、電話をそんなにしなくなったのでガンガンメールのプランEにしました。プランEが780円、そこにEZ WINの315円をつけて1095円でメールし放題になります。メールに添付される写真もこれに含まれます。
ソフトバンク iPhone 3GS3800円1000円
-
これまで2年弱iPhone主体でしたが、イー・モバイルのソニーエリクソンMiniで置き換えできたので今ではiPhoneからSIMを抜いてしまいました。さっさと解約したいのですが、2年縛りが終わらないうちは9800円ぐらい解約料を取られるので2月まで最低料金で放置することにしました。
ソフトバンク iPad0円0円0円iPhone以外に、家用にiPadも持っています。プリペイド契約をしており、普段は外で使うこともないので0円で維持しています。1年にひと月はチャージしないと回線契約が無効化されてしまうため、1年に1回だけ1000円をチャージしています。いざという時に外でも使えるようにプリペイドモデルにしましたが、これだけ使わないとWifiモデルでも良かったかな~。(^^;
イー・モバイル D25HW4000円0円0円Pocket Wifiの回線です。先月までは1Gbyteまで定額のギガデータプランのベーシック年とく割にしていましたが、データプランのベーシックにねん得割に変更しました。契約から2年経過したモバイル回線はベーシックにねん得割プランで使わなかった時の維持費が0円になるんです。使った場合は4280円ですが、今はソニーエリクソンMiniがあるので、D25HWからはSIMを抜きました。もしD25HWを使いたい時にはMiniからSIMを抜いてD25HWに挿せば使えます。
イー・モバイル ソニーエリクソンMini
-
2800円2800円新規に購入したスマートフォンです。イー・モバイルの2回線目です。スマートプランのシンプル2年で、月額割の1100円割引と2回線目だと1000円割引するサービスでパケ放題のくせして月額2800円に収まっています。
UQ WiMAX400円400円400円ヨドバシでやっているワイヤレスゲートWi-Fi+WiMAXサービスでUQ WiMAXも使えるようになっています。使わなければ380円/月なので、イー・モバイルのアップロード速度が出ないような場所でUSTREAMを使ったライブ放送をしなければならない時のバックアップ用に持っています。BBモバイルとLivedoorワイヤレスといった無線LANサービスは380円/月の中で使えるので、無線LANサービスのおまけでWiMAXも使えるようなものです。
月合計13000円7100円6100円 

今回のプラン切り替えで注意が必要だったのは、イー・モバイルの1回線目に付いていたADSL無料サービス。1回線目を維持費0円にするためにはデータプランのベーシックにねん得割にする必要があったのですが、これにするとADSL無料サービスが外れてしまいます。これを解決するのにイー・モバイルのホームページには書いていない方法があって、新たに購入した2回線目のスマートフォンのスマートプラン シンプル2年にADSL無料サービスを付け直すことができます。そのため、以下のような流れでプランを変更していきました。

  1. スマートフォンの購入をした次の日(回線が開通した後)、イー・モバイルのサービスデスクに電話して1回線目のADSL無料サービスをスマートフォンの回線に付け直す。
  2. 1回線目のプランをデータプラン ベーシックにねん得割に変更する。

これを逆にしてしまうとADSL無料サービスが消えてしまいます。イー・モバイルはもっとホームページで解説してくれれば、もっとイー・モバイルのスマートフォンは売れると思うんだけどな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/08

iPhone/iPod Touch用ココログアプリ「ココログエディタ」

先週、iPhone/iPod Touch用APで「ココログエディタ」というのが出てたので、試しに投稿してみました。

入力や投稿は特に問題は感じず、自分はやっていないのですが写真も複数貼り付けられるし、HTMLの編集もできるらしいし、それなりに使える感じです。

しかし投稿した後にココログの自分のMainページを見ると、記事の概略が「_default_」とか表示されて内容が入っていません。これをPCから記事を編集し直して保存しても「_default_」としか表示されないのが変わりません。どうなってるんでしょ?

そもそもココログのMainページは以前は直近数件の記事内容全部が出てたのに、タイトルメインにして記事は概略になったのっていつからなんだろう。これって元の記事全部出す形に変えられないのかと調べてみたら、昨年11月に変更されたのね。元に戻すのもブログの管理ページからブログ>設定>表示方法で出てくる「自動で概要を表示」という設定を変えればいいらしい。

そんなわけで変えてみたのだけど、リロードしても概評表示のMainページから変わらない。これって設定が有効になった画面になるのは、バッチ処理後とかタイムラグがあるのかな?

と思ったら、上まで書いたところで投稿した後にリロードしたら元の記事全体が表示される状態に戻った。タイミングが読めん…(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)